浅倉たかお 通信 声援エールNo4

浅倉たかお通信
声援エールNo4
 2021年7月

浅倉たかおが宮代町民の皆さんに発信する「浅倉たかお 町政通信 No4 2021年7月」に掲載した町議会での要望、質問に関する記事から「コロナワクチン接種の対応」と「商品券の経済的効果」「町の財政について」を声援エールNo4より抜粋して掲載してます。
PDFにて「町政通信 No4 2021年7月」の全文をご覧になれます。是非、ご覧にください。

① コロナワクチン接種の対応について

コロナワクチン接種の対応について
コロナワクチン接種の対応について

わかったこと
◆65歳以上の対象者(1万1351人)
◆予約数9528人(83.9%)、1回目接種済み7107人(62.6%)
2回目接種済み2637人(23.2%)※6月13日現在

◆庁舎内に予約のサポート・受付窓口を設置。
◆6月18日より個別接種開始(鈴木整形外科クリニック)
◆今後、60~64歳、59歳以下の基礎疾患のある方、その後、59歳以下の方というスケジュール。
(59歳以下の方で基礎疾患を有する方は、申請により優先して60歳から64歳の方と同時に送付さます。

要望したこと
◆公民館や集会所で予約のサポート・受付窓口の設置をしてほしい。
→町はしないと回答
◆副反応が出たときはまず健康介護課で相談できるようにしてほしい。
→健康介護課で相談できるようになりました。
◆コロナ禍における心や体の不安を解消し、
町民のみなさんが健康で安心に暮らせるよう対策を強化してほしい。

② プレミアム付商品券の経済効果について

プレミアム付商品券の経済効果
プレミアム付商品券の経済効果 スマホ用

《6月2日(水)本会議/浅倉たかお一般質問にて》
質問(浅倉):コロナ禍における町内経済の損失額は?
答弁(産業観光課長):費用と時間がかかることから試算はしていない。
質問(浅倉):どの業種と事業者に多く使われたのか?
答弁(産業観光課長):業種は小売業で88%。事業者はカスミ・セキ薬品・マルヤで合わせて63%。
質問(浅倉):経済効果は?
答弁(産業観光課長):3億円分の町内消費を促すことができたと考えている。
質問(浅倉):経済効果の検証はするのか?
答弁(産業観光課長):検証しません。
質問(浅倉):効果を検証しないのであれば、次につながらないのでは?
答弁(産業観光課長):消費喚起の点で効果があったと考えている。

所 感

プレミアム付商品券の経済効果を検証せず、今後どのように地域経済の活性化につなげるかが不透明です。他市の検証結果では必ずしも効果があるとは言えない結果や、単なるバラマキという批判もあります。税金を原資で使っているならば、しっかりと検証して町民や事業者に報告し、次に活かすべきです。

③ 町の財政について

コロナ禍における救済に「地域振興券」を
コロナ禍における救済に「地域振興券」をスマホ用

《6月2日(水)本会議/浅倉たかお一般質問にて》
質問(浅倉):コロナ禍による影響で、今年度の税収は1億7600万円(前年度比マイナス1・6%)の減収となりました。
こうした傾向は今年度のみならず、来年度も続くかと思われます。さらに少子高齢化による税収減の傾向も見受けられます。そこで、今後の歳入増加策について伺う。答弁(企画財政課長):短期的には東武動物公園駅西口の商業施設、和戸横町地区における工業団地の整備における固定資産税、都市計画税、法人町民税の歳入増が期待できる。中長期的には第5次総合計画・実行計画で掲げるハード・ソフト事業の実施で町の魅力を高めることで歳入増が期待できる。

質問(浅倉):具体的な施策は?
答弁(町長):第5次総合計画を柱として具体的な事業を進めたい。そこで、今後の歳入増加策について伺う。
答弁(企画財政課長):短期的には東武動物公園駅西口の商業施設、和戸横町地区における工業団地の整備における固定資産税、都市計画税、法人町民税の歳入増が期待できる。中長期的には第5次総合計画・実行計画で掲げる
ハード・ソフト事業の実施で町の魅力を高めることで歳入増が期待できる。
質問(浅倉):具体的な施策は?
答弁(町長):第5次総合計画を柱として具体的な事業を進めたい。

所 感

第5次総合計画における歳入増加策は脆弱で、歳入増への期待が持てません。東武動物公園駅西口の商業施設は東武鉄道㈱が行い、和戸横町地区の工業団地は榎本(前)町長の功績であり、新井町長はこの4年間に歳入増につながるビジョンを示せていないように思います。このままでは町は衰退してしまいますO私は、歳入増につながる施策、例えば東武動物公園駅西口に総合病院やサテライトオフィス、保育所、ホテルなどの複合施設の誘致や、新しい村に農家レストランや観光農園の開設などを提案しました。新井町長の答弁は否定的なお考えのよう
でした。積極的に自主財源を増やさなければ、国からの地方交付税など、依存財源に頼るだけでは町は低迷してしまいます。
新井町長ではとても歳入増を期待できず、財政の弾力性や健全性を失ってしまうと強く思いました。

運営管理:浅倉たかお事務局
PAGE TOP