浅倉たかお 活Log

本日、3月議会が終わりました。令和2年度の予算が可決しました。初めて町の予算を隈無く見て、改めて財政の厳しさを実感しました。今後、少子高齢化で財政はますます逼迫することが予想されます。人口分布図を見るとよくわかります。

3月議会

では、このまま宮代町は財政で破綻してしまうかというとそうではありません。使うお金を減らし入るお金を増やすことはよく言われますが、町外に出ていくお金を減らしてなるべく町内にとどまらせる、地域内経済を活性化する方法などが先進自治体で試され、効果を発揮しています。
宮代町も新しい手法をどんどん試し攻めの自治体運営を行うことで、財政が豊かになる可能性を秘めています。住民、民間企業、行政、そして議員が連携することで宮代町はどこよりも豊かな財源を手に入れられると私は信じています。