浅倉たかお 活Log

本日、宮代町で議員研修会を行いました。
テーマは「自治体の防災対策と議会議員の役割について」です。

講師は元板橋区危機管理担当部長で、現在、跡見学園女子大学教授の鍵屋一さんです。

防災対策において最も注意しないといけないのは「自分は大丈夫」と思ってしまうことだそうです。自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価してしまうのが人間の特性みたいです。防災対策において自分も被災することがあると思って準備をしていく必要性があります。

自治体の防災対策と議会議員の役割について

皆様方の家庭は大丈夫ですか?

研修会では議会や議員がすべきことと、してはならないことを教えていただきました。

議員がすべきことは情報収集・提供、地域支援活動、国等関係機関への要望などです。
してはならないことは行政職員への威嚇、支援者ヘの利益誘導、行政批判などです。

大きな災害では行政自体が混乱し頼ることは難しくなります。
まずは自宅でできることをし、地域で対応していくことになります。

まず自分が被災しないように心がけ家族の被災を最小限に食い止め地域で支え合っていく。
そのためには日頃の防災意識の向上や備えが重要です。