浅倉たかお 活Log

宮代町に春がやってきた。桜の花が咲き始めました。
土筆も元気に伸びています。
新しい村のほっつけ田には、いろいろな野草が芽吹き、可憐な花を咲かせています。

絶滅危惧種のノウルシの新芽が色鮮やかです。
東小学校の木造校舎の階段からは町の花であるモクレンが見えてかななんともノスタルジックな雰囲気です。
コロナ禍で人間の社会は大変なことになっていますが、自然界はいつもと変わらない春を迎えています。