浅倉たかお 活Log

今年も新しい村のほっつけ田で、田植え体験を行いました。
主催はホタルの再生や希少な野草の保全活動をしている、NPO法人 宮代 水と緑のネットワークです。

ほっつけ田で田植え体験

私はNPO法人 宮代 水と緑のネットワーク設立当初からのメンバーで、田植え体験の進行役をしています。

コロナ禍でありますので、参加される親子には体温を測り、ソーシャルディスタンスを保ちながら田植え体験をしていただきました。

田植え体験

子ども達はおっかなびっくり、田んぼに入りますが、すぐに馴染みます。そのうち「なんか気持ちいいね」と言って率先して、田んぼの中を動き回り、苗を植えていきました。
最近はお父さんも参加してくれます。ですが、お母さんのほうが飲み込みが早く、きれいに苗を植えてくれます。子ども達はそんなお父さんやお母さんを見て、楽しそうに笑っていました。

私も陣頭指揮を取りながらも、もちろん田植えをしました。あれこれ20年間もやっているので、腕はそれなりにと思っています。

無事に田植えが終わってた頃、ゴロゴロと雷が鳴り出しう大粒の雨が降り出しました。
秋には稲刈り体験がありますので、興味のある方はご参加ください。日程は宮代 水と緑のネットワークのブログに掲載します。