浅倉たかお 活Log

今日の朝は旗当番で、子どもたちを見送りました。
田園の中を歩く1年生はしっかりとした歩き方で、小さな声で挨拶をしながら通学しています。

宮代町立東小学校は35人学級と、新入生の増加で教室が足らなくなり、プレハブ校舎が校庭の片隅にできます。
ただでさえ狭い校庭がさらに狭くなってしまいますが、プレハブ校舎の建設場所が他に該当する場所がありませんでした。

宮代町立東小学校

教育委員会にできるだけ広く校舎を確保してもらうようにお願いしました。また遊具などの撤去もできるだけしないようにお願いしました。プレハブ校舎の建設場所には桜の木があり、切られてしまいます。長年、子どもたちを見守ってきた桜の木です。何とか有効活用できないか、おやじの会の皆さんと話し合い、いろいろなアイディアをいただきました。教育委員会では伐採後、桜の木を保管し、有効活用することで同意しています。

これからクラスのネームプレートやベンチなどを考えています。