浅倉たかお 活Log

宮代町議会定例会議は、昨日は補正予算について、今日は一般会計・特別会計の予算について審議を行いました。予算については言葉も見方も初めてなので四苦八苦しながら、何とか理解をしようとがんばっています。

宮代町議会定例会議

宮代町の歳入は道佛地区の開発もあり町税は増えていますが、それ以上に高齢者が増えるなど歳出が増えています。皮肉なことに子どもが増えても保育など支出が増えていきます。今後は人口が減少に転じると歳入が減り、歳出が増え、町の財政は逼迫していきます。
東武動物公園駅の西口や東口の開発や新たな工業団地の創出など、歳出が増えることに期待が持てます。なにより町の商工業が活性化しないことには恒常的な税収増は見込めません。これからどう町の財政を維持していけばいいのか?歳入を増やし、歳出を減らしていくだけでは、地方創成はできません。町の中でどう経済を循環させていくか、どうお金を滞留させていくか、地域経済の活性化が今後の宮代町のカギとなるでしょう。
一般質問では地域経済についても質問をします。