浅倉たかお 活Log

久喜市議会の新井兼議員が久喜市の小中学校の補習授業の情報を掲載していました。
久喜市では小中学校の補習授業を3日間行います。3月25日、26日、27日、午前中、3時間程度。目的は、未履修となっている学習内容について児童生徒の学力の充実を図ることと、新学期の授業再開に向け児童生徒の生活リズムの確立を確立することとしています。参加は自由です。まさに今の保護者が望んでいることです。未履修の学習をどうするのか不安視する保護者も多くいます。

宮代町でもこうした保護者の声を聞いて、補習授業をするべきではないでしょうか。保護者だけではなく児童生徒もまた不安に思っています。こうした緊急事態だからこそ、行政、そして教育委員会の資質が問われます。
宮代町はどうするのか。今後の対応に期待をしています。

緊急事態