浅倉たかお 活Log

東小学校に通う生徒の保護者の皆さんに朗報です。
中島地区や百間地区から通う生徒は歩道橋を使って登下校をしています。普段の日は何も問題はありませんが、雨の日になると階段に3cmほど、雨水が溜まります。今の子ども達は雨の日でも運動靴を履いて登校するので歩道橋を通るたびに靴が濡れ、靴下が濡れ、不快な思いをいていました。保護者の方々は何とかしたいという思いがあり、私がその思いを受ける形で町の教育推進課に改善をお願いしました。ところが歩道橋は県道の上に架かっていることから、管轄が杉戸土木事務所であることがわかりました。

歩道橋

町を通じて土木事務所にお願いをしたのですが、改善に時間がかかりそうでしたので、岡県議に協力をお願いしました。
その結果、土木事務所から「雨が上がり次第業者に修繕してもらいます」という返事があったと岡県議から聞きました。本当に素早い対応をしていただき、ありがとうございます。

歩道橋

修繕後は雨が降っても、歩道橋で靴が濡れることがなくなります。また、安全に登校できるようになります。ほっとしました。写真は、雨水が溜まっている歩道橋の階段です。