浅倉たかお 活Log

本日から、宮代町議会決算特別委員会が始まりました。
一般会計決算における、各課ごとの決算について質疑をします。

決算の見方などを土日に先輩議員や元議員さんに聞き、「主要な施策に関する説明書」や監査意見書などをしっかりと読み込みました。昨日、今日行われる監査委員、議会事務局長、総務課、企画財政課、会計室に対する質問内容をまとめました。
そして、本日10時から17時まで、決算特別委員会の1日目を行いました。

私は全部で17の質疑と、一部要望を出しました。議員の中で多く質問した議員のひとりです。
質疑で多く出たのが、総務課の広報・広聴事業の広報「みやしろ」でした。
今年1月からA4版からタブロイド判に変わりました。ところが多くの高齢者の皆様から「見づらい」との声が上がりました。紙も湿気をおびるとヘタってしまい、保存もしにくいとかなりの不評です。

広報「みやしろ」

カラーでおしゃれになったという子育て世代のお母さんからの声もありますが、どこに何が掲載しているのか、わからないという声もあります。

広報「みやしろ」

広報担当の職員が、埼玉新聞社からアドバイスを受けてつくっているそうですが、私自身も正直なところ、前の広報と比べてしまうと読みにくさは否めません。
行政の広報誌コンクールでも、町村部で特選や入選しているのはA4版です。県や政令指定都市ではタブロイド判で入選している自治体があるので参考にして、誰もが読みやすい広報誌をつくって欲しいと要望しました。
皆さんはいかがでしょうか?